言語文化教育研究学会:Association for Language and Cultural Education

第4回年次大会(2018年3月,立命館大学)
テーマ:ナラティブの可能性

テーマ趣旨

私たちは,本年度年次大会のテーマを「ナラティブの可能性」としました。ことばと文化の研究において,ナラティブ=経験の語りの意味が見直されています。グローバル化は,急速に私たちの生活を変えています。一方で,社会が多言語化・多文化化し,他方で,大きな価値観の前に小さな声は掻き消されそうになります。

ナラティブを研究・実践するということは,社会にある多様なことば,多様な文化を記述し,掻き消されそうな小さな声に光をあてる行為です。また,ナラティブ=経験の語りが語られることで生まれる新しい意味もあるはずです。ナラティブの研究と実践は,このような新しい意味の創造をも射程に捉えています。

言語文化教育において,ナラティブ研究,あるいはナラティブを取り入れた社会実践や教育実践がさまざまに行われています。しかし,必ずしもそれが相互に交流し,発展しているとは言えません。本大会では,ナラティブ探求,ライフストーリー研究などの研究法を越え,社会学,心理学,教育学,第二言語習得などの領域を横断し,言語文化教育におけるナラティブの地図を描くことを目指します。さらに,ナラティブの研究と共に,ナラティブを取り入れた実践―ナラティブを語り継ぐ実践,ナラティブを語ることでエンパワメントにつなげる実践,語り合うことで新しい社会を想像・創造する実践―のあり方を議論し,ことばと文化の教育におけるナラティブの課題と可能性を浮き彫りにします。

プログラム(抜粋)

【大会シンポジウム】ナラティブの可能性――「語り」の社会的意味
シンポジスト
小川明子(名古屋大学)
サトウタツヤ(立命館大学)
嶋津百代(関西大学)
横田雅弘(明治大学)
司会
北出慶子(立命館大学)
【委員企画】ワールド・カフェ
ナラティブと言語文化教育――その実践と研究の地図を描く
ファシリテーター
三代純平(武蔵野美術大学)

発表者募集

  • チラシをダウンロード
  • 応募締切: 2017年11月8日(水)(日本時間23:59)
  • 応募内容: 言語・文化・教育に関わるもの(大会テーマ以外の内容も応募可能)
  • 応募資格: 言語文化教育研究学会の会員であること
    • 未入会の方は,応募2週間前までに入会手続きをお願いします。
    • 会員は,当該年度の会費を応募2週間前までに納入してください。
  • 結果通知: 12月下旬
  • 応募先・お問い合わせ: annual@alce.jp(年次大会実行委員会)

Ⅰ 発表形態

発表形態は,次のいずれかとします。

形態時間応募書類予稿集枚数
1.パネルセッション120分応募者情報A[doc]
査読用紙等A[doc]
12枚
2.口頭発表30分または40分応募者情報B[doc]
査読用紙等B[doc]
6枚
3.ポスター発表60分応募者情報B[doc]
査読用紙等B[doc]
2枚
4.フォーラム120分応募者情報C[doc]
査読用紙等C[doc]
6枚

  • 「1.パネルセッション」では,必ずフロアとの議論の時間を取ってください。
  • 「2.口頭発表」の時間は,30分または40分から選択できます(いずれも,うち質疑応答に10分)。データや考察結果の提示のため,従来より長い発表時間を必要とする場合は,40分を選択してください。
  • 「3.ポスター発表」の掲示時間は,120分です。ポスターのサイズは,A0以内となります。
  • 「4.フォーラム」は,1.~3.の範疇に入らないが,参加者と共有したい企画すべてを含みます。研究会の紹介・会員募集,教材・教具のデモンストレーション等もこの形態に含まれます。
  • 会場・プログラムの都合上,時間は変更になる場合があります。
  • 予稿集(原稿締切:2018年1月下旬予定)は,WEB上に公開して掲載します。

Ⅱ 応募要領および採否

  1. それぞれの発表形態に応じて,上の表から応募書類のフォーマットをダウンロードし,使用してください。
  2. 応募書類は,メールに添付し,annual@alce.jp(年次大会実行委員会)までお送りください。
  3. 採否は,応募者名を伏せて実行委員会で審議し,応募者に通知します。
  4. 採択に際し,実行委員会の判断で,発表形態の変更を求めることがあります。