言語文化教育研究学会:Association for Language and Cultural Education

交流会

言語文化教育研究学会は,2018年度から「交流会」を始めます。交流会では,多様な背景を持つ参加者との,対等な関係性における相互構築的な対話をめざします。

2018年度は,5月,7月,9月,11月,1月を予定しています。2018年度は,ライフストーリーインタビュー体験,ヒューマンライブラリーなど,多様なイベントを準備しています。

第4回:11月10日
語り合おう!日本の言語ヒエラルキー

座談会形式なので,他の参加者と気軽に話せます。

  • チラシ 日時: 2018年11月10日(土)14:00~16:00
  • 会場: 早稲田大学 早稲田キャンパス22号館 5階 508教室[アクセス
  • 参加資格: 会員に限らずどなたでもご参加いただけます。
  • 参加費: 無料
  • お問い合わせ: interact@alce.jp(言語文化教育学会 交流委員会)
  • チラシをダウンロード

11月10日の第4回交流会では,「語り合おう!日本の言語ヒエラルキー」と題して,言語ヒエラルキーにまつわる様々な体験談をもとに,参加者同士で考え,語り合う会を開きます。今回は英語話者や通訳を交え,複数の言語を介した対話の場とし,様々な視点から日本社会にみられる言語間のヒエラルキーについて語り合います。

わたしたちはなぜある言語が他の言語と比べてより価値のあるものと考えるのでしょうか?また,同じ言語でも方言や言葉遣い・表現方法の違いにわたしたちはどのように優劣をつけているのでしょうか?

言語,文化,教育に関心がある教師や研究者はもちろんのこと,学生や社会人,地域生活者の方など様々な方のご参加をお待ちしています。