言語文化教育研究学会:Association for Language and Cultural Education

第7回年次大会 2021年3月5~7日
テーマ:「アートする」教育
(金沢21世紀美術館/オンライン)

注意事項: 発表のご応募ならびにご参加に際しては,以下の注意事項をご確認いただきますよう,よろしくお願いいたします。

  1. オンライン発表中に発生したトラブルにつきましては,当学会はその責任を負いません。また,原則として参加費の返金には応じかねます。
  2. オンライン発表に必要な機器や通信等の費用は,発表者の自己負担でお願いいたします。
  3. オンライン発表時の発表者側および参加者側のコンピュータやZoomの操作,インターネット接続等の問題については,学会からのサポートや対応はありません。
  4. Zoomのミーティングに参加するためのURLおよびパスワードは参加登録後にお知らせします。URLおよびパスワードの情報は絶対に他の人に教えないでください。
  5. 当日は申し込み時にご登録いただいたものと同一の氏名を表示の上でご参加ください。
  6. 受信映像の録画,録音,画面キャプチャを禁止します。発表内容に関しては,HPより予稿集を各自ダウンロードしていただき,そちらでのご確認をお願い致します。
  7. 円滑な進行の妨げとなる行為が見られた場合,主催者によってミュート操作が行われたり,接続が切断されたりする可能性があります。
  8. プログラムは,インターネット接続の問題等により予告なく変更する場合があります。
  9. 大会会場での対面によるワークショップやオンライン発表は,コロナの感染拡大の状況や,トラブル発生による当該発表の中止等によって予告なく中止させていただくことがあります。

テーマ趣旨: 「アートする」教育

私たちは,今大会のテーマを「アートする」教育としました。あらゆる正統性や規範から自由になるための力,権力や抑圧に抵抗するための力,そして,勇気を育む領域がアート/芸術です。そうだとするならば,ことばによって新しい社会を創造することをめざす言語文化教育にこそ,アート/芸術の力が必要です。そして,言語文化教育がことばを学ぶことを通して,人々の自由を実現することをめざすなら,言語文化教育もまた一つのアートでなければなりません。

今,私たちは,人類の危機と向き合っています。この新型コロナウイルス感染症によって生み出された状況は,人々をあらゆる方法で分断していきます。国境によって,そして経済によって,信念によって,私たちの社会はより断絶を深めています。より合理的なものが評価され,あらゆる資本が持つものと持たざるものに分かれていきます。本当に恐れるべきものは疫病そのものではなく,人々が互いを分断し,創造性や自由を失っていくことにあるのではないでしょうか。こうした人類の危機を救うための教育研究が今ほど求められている時はないかもしれません。

そこで,言語文化教育研究学会は「アートする」教育をテーマに,分断を乗り越え,人と人が出会い,話し合うことの意味を見つめ直し,新しい社会を創造する言論活動を展開したいと考えています。金沢21世紀美術館/オンラインという二つの場で,皆様をお待ちしています。

(企画担当:松田真希子,嶋津百代,井本由紀,三代純平)

プログラム等

大会シンポジウム: アートが拓くことばの教育の未来

一般公開トークセッション:
抵抗の美学 ― 表現の自由のための我が実践(仮)