言語文化教育研究学会:Association for Language and Cultural Education

月例会

言語文化教育研究学会では,月に1回(8月と3月を除く),月例会を開催しています。月例会は,あるテーマをめぐり,提供された話題をもとに議論を行うことで,今後の言語文化教育研究の発展につなげていこうとするものです。テーマに沿った話題提供があり,議論の場が開かれるものであれば,形式は自由です。

第48回月例会
社会とつながる日本語教育を「見える化」するために――あいあい×ムサビプロジェクトのドキュメンタリー映像から

  • チラシ: 日時: 2016年12月17日(土)14:00~16:00
  • 会場: 早稲田大学早稲田キャンパス22号館 615教室[アクセス
  • 参加費: 無料
  • 予約: 不要(当日,直接会場にお越しください)
  • お問い合わせ: monthly@alce.jp(月例会委員会事務局)
  • チラシをダウンロード

話題提供:三代純平さん(武蔵野美術大学),首藤なずな さん(武蔵野美術大学芸術文化学科学生),福村真紀子さん(多文化ひろばあいあい主宰)

社会とつながる日本語教育が注目を集めています。「社会とつながる」ということばには,社会の中でことばを学ぶということだけではなく,ことばを学ぶ実践を通じて,よりよい社会をめざしていこうということが含意されています。しかし,このような実践はいかに評価されるべきなのでしょうか。参加者は何を学んでいるのでしょうか。また,そもそも「学び」とは何なのでしょうか。まだまだ議論しなければならないことが山積しています。この議論を可能にするための一つの方法として,話題提供者の三代は,実践の映像化を試みました(*1)。社会とつながる日本語教育実践の学びは,個人の能力にも還元できず,単純に数字で測定することもできません。しかし,実践のプロセスを映像として残し,共有するならば,映像から実践の意味をそれぞれが感じとり,それを議論することはできます。現在さまざまな場所で実践されている社会とつながる日本語教育を「見える化」し,批判的に共有していくことで,社会とつながる日本語教育をより発展させることができるのではないでしょうか。

そこで,本発表では,社会とつながる日本語教育の「見える化」の試作として作られた「あいあい×ムサビプロジェクト」(*2)のドキュメンタリー映像を視聴した後,以下の2点について参加者の皆様と議論したいと考えています。

  1. 映像から見える実践の意義と課題とは何か
  2. 実践を「見える化」するためには,何をどう見せればよいのか

*1 映像の制作は,武蔵野美術大学芸術文化学科の首藤が担当しました。

*2 「あいあい×ムサビプロジェクト」とは,武蔵野美術大学上級日本語の履修生が,多文化交流と個々人の自己実現を目的とした,市民の活動「多文化ひろば あいあい」と共に,日野市子ども家庭センターの協力のもと,日野市の親子の国際交流を目的としたイベントを開催するというプロジェクトです。

月例会 話題提供者/発表者&参加者募集

例えば,こんなことをします

  • 研究途上の自身の研究を捉え直したり,多様で広い視点からコメントを得たりするために話題を提供し,参加者たちと議論します。
  • 自身の実践を他者に開いて振り返ったり,その実践に対して多様で広い視点からコメントを得たりするために,参加者たちと議論します。
  • あるテーマを設定し,話題提供を行い,そのテーマに基づいて参加者同士で「カフェ」的に自由に意見交換をします。
  • あるテーマを設定した上で,講演会のような形で語り手を招き,参加者同士で意見交換をします。
  • ある技術,方法,思考法等に関し,ワークショップのような形の体験の場をつくります。体験を題材として参加者同士で議論します。

※会員のみなさまの積極的な応募を歓迎します。月例会委員と協働で開かれた議論の場を創りましょう。

参加方法

話題提供者/発表者
  • 話題提供/発表希望者は,開催日程をご参照の上,希望日とテーマをmonthly@alce.jp(月例会委員会)までご連絡ください。調整の上,後日,月例会委員よりメールにてご連絡いたします。
  • 話題提供/発表は学会の会員に限定しております。話題提供/発表をご希望の方は事前に入会手続きをお済ませください。[入会案内
  • 話題提供/発表は,先着順になります。希望者が多い場合,日程を調整させていただく場合がございます。
  • 話題提供/発表者には,月例会前に話題提供/発表の要旨,論点等の提出をお願いします。また,月例会後に報告(学会会員向けメールマガジンに掲載)の提出をお願いします。
参加者
  • 会員である必要はありません。
  • 参加は無料です。
  • 事前申込は不要です。当日,直接会場にお越しください。

月例会開催日程(2016年度)

2016年度の月例会は早稲田大学22号館にて開催の予定です。

2016年

  • 第41回:4月22日(金)18:00~19:45
  • 第42回:5月28日(土)14:00~15:45
  • 第43回:6月24日(金)18:00~19:45 6月25日(土)18:00~19:45
  • 第44回:7月23日(土)14:00~15:45
  • 第45回:9月24日(土)14:00~15:45
  • 第46回:10月28日(金)18:00~19:45
  • 第47回:11月26日(土)14:00~15:45
  • 第48回:12月16日(金)18:00~19:45 12月17日(土)14:00~16:00

2017年

  • 第49回:1月28日(土)14:00~15:45
  • 第50回:3月25日(土)14:00~15:45

お問い合わせ

月例会に関するお問い合わせは,monthly@alce.jp(言語文化教育研究学会・月例会委員会)まで。