言語文化教育研究学会:Association for Language and Cultural Education

menu

第9回年次大会 2023年3月4,5日
コン ヴィヴィアリティと言語文化教育

テーマ趣旨

コン ヴィヴィアリティと言語文化教育

パンデミックの状況下にあって、社会は大きく変化しました。仕事のリモート化、授業のオンライン化によって、物理的な場を前提としない非対面のコミュニケーションが一般化し、このことによって新たなつながりが生まれ、多様な実践が生まれました。一方で、移動が規制され、場における活動にも制限が設けられるようになりました。教育分野においても、対面かオンラインか授業形態の決定が、〈うえから〉の要請に応えてなされたことは記憶に新しいところです。つまり、教育・学習にかかわる当事者の意思の及ばない場で、それらの決定が行われたということになります。おそらくこれと同様のことは、社会のいたるところで起こっているのではないでしょうか。そして、それはパンデミック以前から存在し続けていたことなのかもしれません。では、そのことに違和感を覚えたとき、私たちに何ができるのでしょうか。

私たちは、このことを考えるための鍵概念として「コンヴィヴィアリティ」を提示します。「コンヴィヴィアリティ」とは、接頭辞con-(=with 共に)とラテン語vivere(=to live 生きる)から成ることばで、自律共生、集団的創造、共創と訳されることばです。人間がことばや、テクノロジー、制度やルールといった〈道具〉に隷属することなく、他者や環境との調和を保ちつつ、本来的に持つ力によって自由で創造的な活動ができる社会のあり方をさします。では、高度に制度化された今日の社会において、私たちの行動やふるまいに制限を与えるものとも、私たちの活動を広げる可能性を持つものともなりうる道具とは何なのでしょうか。どうすればその道具に隷属するのではなく、うまく使いこなしつつ、私たち一人ひとりがアクターとして意思決定を行い、その状況を変えていけるのでしょうか。そして、自分たちの立つその〈場〉からどのような社会を構想し、未来を創造していけるのでしょうか。

第9回年次大会では「コン_ヴィヴィアリティと言語文化教育」をテーマとします。「_」は、私たちの行動に制約を与えるものであり、他方で自由で創造的な活動を可能にするものでもある道具が何かを想像してみるため、あえて挿入した空白です。私たちにとっての道具が何か、その道具との関係性を組み替えつつ、私たちの立つその〈場〉から、望む未来を実現するために何ができるのか。ことば・文化・教育・社会に関わる私たち一人ひとりが、それぞれの場所で、その制約をどう乗り越え、その場からどのような学びを創造していくのか。私たちの知恵と力を集め、場と場をつなぎ、自由で創造的な活動を可能にする社会をどのように実現し、実践していくのか。私たちは、本大会をこのことを共に考える契機としたいと考えます。

100年に1度の変革の時期とも言われるこの時代。パンデミックという共通の経験を経た今だからこそ、ありえた過去に想いをめぐらせ、その経験を吟味し、これからの未来を構想し、社会を変えていくための行動につなげることを目指します。

プログラムより

大会シンポジウム:3月5日(日)10:00~12:30(予定)
「コンヴィヴィアリティと言語教育」

シンポジスト・プロフィール
シンポジスト
岩城あすか(箕面市国際交流協会)
榎井縁(大阪大学)
山崎亮(studio-L/関西学院大学)
山住勝広(関西大学)
司会
大平幸(立命館アジア太平洋大学)
岩城あすか
大阪外国語大学トルコ語学科卒業。トルコ共和国立イスタンブール大学社会科学研究所修士。2005年度より(公財)箕面市国際交流協会にて勤務,現在は事務局次長兼総務課長として,在住外国人が日替わりで運営するコミュニティカフェ「コムカフェ」を担当するほか,地域の国際化を促す様々な事業に取り組んでいる。2012年からは重度の身体障碍者のみで構成される在阪の劇団『態変』が発行する情報誌「イマージュ」の編集委員(年3回発行),2019年度より(一財)自治体国際化協会の多文化共生アドバイザーも務めている。
榎井縁
大阪大学大学院人間科学研究科特任教授。専門は教育社会学。日本における移民の子どもの教育達成・社会参加や多文化共生教育に関する研究等。フィリピン草の根民衆運動,ネパール・チベット難民児童教育支援,中学校教員,教育委員会相談員,国際交流協会事務局長として多文化共生の教育/地域づくりを実践。2013年より現職にて共生社会に貢献できるグローバル人材・大学院生をNPOと繋がりながら育成している。共著に2021年『外国人の子ども白書―権利・貧困・教育・文化・国籍と共生の視点から』第二版,2022年『多文化共生の実験室―大阪から考える』など。
山崎亮
studio-L代表。関西学院大学建築学部教授。コミュニティデザイナー。社会福祉士。
1973年愛知県生まれ。大阪府立大学大学院および東京大学大学院修了。博士(工学)。建築・ランドスケープ設計事務所を経て,2005年にstudio-Lを設立。地域の課題を地域に住む人たちが解決するためのコミュニティデザインに携わる。まちづくりのワークショップ,住民参加型の総合計画づくり,市民参加型のパークマネジメントなどに関するプロジェクトが多い。著書に『コミュニティデザインの源流』太田出版,『縮充する日本』PHP新書,『地域ごはん日記』パイインターナショナル,『ケアするまちのデザイン』医学書院などがある。
山住勝広
関西大学文学部教授。教育学,教育方法学,活動理論。「文化・歴史的活動理論」と「拡張的学習理論」の枠組みを用いた教育のイノベーション研究に,現場の実践者たちと対話・協働しながら取り組んでいる。主な著書に Activity Theory and Collaborative Intervention in Education. (Routledge, 2021)『拡張する学校』東京大学出版会,2017年。『教科学習の社会文化的構成』勁草書房,1998年。『拡張的学習と教育イノベーション』(編著)ミネルヴァ書房,2022年。『子どもの側に立つ学校』(編著)北大路書房,2017年。『ノットワーキング』(共編著)新曜社,2008年,など。