言語文化教育研究学会:Association for Language and Cultural Education

2021年度 例会

【第73回:5月29日】オンライン開催
交流から共生へ――外国籍町民3名の北海道秩父別町ちっぷべつちょうでなまら考えた


  • スライド 日時: 2021年5月29日(土)16:00~18:00
  • 会場: オンライン(zoom)開催
  • 参加方法: こちらから事前申し込みが必要です締め切りました。※参加費無料,非会員の方もご参加になれます。
  • お問い合わせ: project@alce.jp(企画委員会)
  • チラシをダウンロード

※定員に達し次第、登録を締め切らせていただきます。

話題提供:式部絢子さん(北海道大学/秩父別町多文化交流コーディネーター)

  • 聞き手:古屋憲章さん(ALCE企画委員)

北海道と言えば…? みなさんはどんな想像をするでしょうか。

カニ・ジンギスカン・ソフトクリーム・大自然…といったところでしょうか。魅力あふれる北海道は世界中からたくさんの観光客が来てくれます。つまり「外国人=観光客」という認識でした。しかし,今では北海道の産業を支える人材としても注目され始めています。このような社会的状況の変化は,「お客さんから,一緒に暮らす人へ」と,認識の変化をもたらします。それは,楽しく国際交流をしている場合ではないという気付きにもつながります。交流のための交流から,町作り・共生のための交流へと目的が発展していった秩父別町の事例をお話しするとともに,参加者のみなさんと「地域活性化のために言語教育だから活かせると思うこと」を考えたいと思います。

  • 地域で日本語教育活動をしている人/したい人
  • 地域と留学生や生活者をつないでいる人/つなぎたい人
  • 町内会で活動している人 などなど…

ご参加お待ちしております!

なお,当日の話題提供は,式部さんの話に古屋さんが時々質問を挟んだりする対談形式で進行します。

【第72回:5月28日】オンライン開催
ALCE Webマガジン「トガル」公開編集会議

  • チラシ 日時: 2021年5月28日(金)20:00~21:00
  • 会場: オンライン(zoom)開催
  • 参加方法: こちらから事前申し込みが必要です締め切りました。※参加費無料,非会員の方もご参加になれます。
  • お問い合わせ: project@alce.jp(企画委員会)
  • チラシをダウンロード

※定員に達し次第、登録を締め切らせていただきます。

話題提供:ALCEアーカイブス運営委員会のみなさん

当学会のWebマガジン「トガル」は,次のようなコンセプトにもとづく新しいメディアとして,2020年10月に創刊されました。

  • 会員による自由な言論と対話の場を創る。
  • 小さく弱き声が届く場を創る。
  • 科学的に十分論証されていなくとも,真実でありおもしろいと思われる知見の共有の場を創る。
  • 会員の研究活動外のテーマも共有できる場を創る。
  • 人文知の創造の場を創る。

現在,創刊から約半年が経過したところです。いくつかの連載が進行しており,創刊当初に比べれば,ある程度,誌面が充実してきました。しかしながら,いまだ十分にトガッた誌面になっているとは言い難く,「トガル」に対する認知度も決して高いとは言えません。

そこで,本例会では,次のような活動をとおし,「トガル」の認知度の向上,および「トガル」がよりトガッた誌面になるような新たな企画の考案を図ります。

第1部:座談会
(「トガル」の編集・発行を担当する)ALCEアーカイブス運営委員会の委員が座談会形式で「トガル」を創刊するに至った経緯,「トガル」のコンセプト,現在「トガル」で連載されている記事等を紹介する。
第2部:公開編集会議
第1部で紹介したコンセプトにもとづき,参加者を交え,今後,「トガル」でどのような企画を行えばよりトガッた誌面になるかを話し合う。有望な企画があれば,掲載に向けた打ち合わせを行う。